ペリカン万年筆(スーベレーン)

ペリカンのペン先ペリカンの創業は1832年。ドイツの化学者であったカール・ホルネマンが、独自の製法による絵の具の生産を開始したことに始まります。1863年、経営権を譲り受けた化学者ギュンター・ワーグナーが、社名をギュンター・ワーグナー・ペリカンと改め、画材メーカーとして大きく発展させました。さらに1878年、ワーグナーは、ワーグナー家の紋章であるペリカンを商標登録をし、高品質の証しとして自社製品に採用。その後、ペリカン社は急速な成長を遂げ、19世紀末には絵の具とインクのメーカーとしてのペリカンの名を世界中に広めました。しかしながら、『万年筆メーカー』としてのペリカンが誕生するのは、ずっと後の1929年。その第1号が、14金ペン先で同軸がグリーンストライプのモデル100です。以来、この透き通った胴軸は、他社に類を見ない一風変わった、凝った作り方をされ続けられてきました。モデル100の胴軸は、プレキシグラス(硬質プラスチック)の薄板の透明とグリーンを重ねて圧縮し、縞模様になった断面を薄く切り、丸めて磨き上げるといった複雑で面倒な工程で生産されるため、大量生産ができない。それゆえに、ペリカンの胴軸の縞模様は、手仕事によって、1本1本微妙に異なっているのです。

 ペリカン・スーベレーンシリーズの長さ・重さ比較表

ペリカンM1000万年筆

|品番:1000|長さ:146.2mm|胴軸の太さ:16.0mm|重量:31g|

pelikan800-lenghtcomparison

|品番:800|長さ:141.2mm|胴軸の太さ:15.0mm|重量:29g|

pelikan600-lengthcomparison

|品番:600|長さ:138.5mm|胴軸の太さ:14.0mm|重量:18g|

pelikan400-lengthcomparison

|品番:400|長さ:125.3m|胴軸の太さ:13.0mm|重量:16g|

pelikan300-lengthcomparison

|品番:300|長さ:110.5mm|胴軸の太さ:11.5mm|重量:11g|

※長さはキャップ装填時。太さは最大怪をとりました。重さはインクを未充填の時の数値。

 

ペリカン・スーベレーンシリーズのデザイン分類表
(クリックで商品ページへ飛びます)

色と柄 M300 M400 M600 M800 M1000
green-1
black-1
blue-1
bord-1
silver-1
silverblue-1
whitetortise-1
toredo-1
toledored-1
toredoyellow-1

前のページにもどる
ホームへ戻る